Calendar

2011年6月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

Recent Entries

Recent Comments

菅首相退陣で復興連合政権の樹立を!
梅光 06/09
fuusan 06/09
マルチポスト 06/09
元株や 06/10
梅光 06/10
ぼけ老人 06/12
梅光 06/12
梅光 06/13
senshugame 06/14
kobamitsu 06/17

« 《第13回後半》陸山会公判傍聴記 ── 水谷建設元会長が語る「裏ガネ渡しの流儀」
メイン
森ゆうこ氏が週刊文春の記事に反論! »

菅首相退陣で復興連合政権の樹立を!

日本一新の会 達増拓也(岩手県知事)

 ついに菅首相が退陣することになった。

 やはり、参院選で大敗し、民意による不信任を受けた首相が、自ら作ってしまった「ねじれ国会」を切り盛りして政権を運営するということが、無理だったのだ。

 宇野宗佑首相、橋本龍太郎首相は、参院選大敗で「ねじれ国会」を作ってしまった際に、すぐに退陣した。その後にそれぞれ自公民路線、自自連立ができて、自衛隊のカンボジアPKO派遣や日本経済の景気回復という難局に取り組んだ。一方、安倍晋三首相はすぐに退陣をせず、政権は行き詰って、後になって結局退陣することになった。

 参議院の多数に支えられずに、政権を運営することは、まず無理なのだ。まして、選挙で参議院の多数を失った首相が、そのまま首相に居座ろうとすることは、どだい無理なのだ。退陣こそ王道だ。

 菅政権は去年の参院選以後、王道を歩まず、邪道に邪道を重ねた。もともと自民党の主張だった消費税引き上げを内閣の目玉政策にした。TPP参加という、大向こうのウケをねらうような新政策を突然ぶち上げた。党の代表選挙で次点となった有力者である小沢一郎氏を排斥し、マスコミ論調や自民党などの一部に媚を売ろうとした。

 これらの邪道路線は、去年の参院選の民意に反するだけではなく、「生活が第一」マニフェストで政権交代を実現させた一昨年の衆院選の民意をも裏切るものだった。民意に反したことに加えて、一方で自民党などを愚弄して不信と怒りを買い、もう一方で政権交代の盟友を虐げてきた。この邪道路線が、大震災後の対策にも深刻な影を落とし、内閣不信任案の可決やむなしという状況をもたらし、菅首相退陣という当然の結果になったのだ。

 ついては、一日も早く、衆参両院の過半数に支えられた、強力な内閣を作って欲しい。復興連合政権の樹立である。そして、被災者支援、復旧・復興を力強く進めて欲しい。原発事故の収束も、もちろんだ。

 ここで、民主党には猛省を求めたい。去年秋の代表選挙で菅首相の続投を決め、邪道路線にお墨付きを与えたことは、民主党全体の罪である。邪道路線に対して抵抗する民主党内有志が存在し、その粘り強い運動が今回の内閣不信任案可決やむなしから菅首相退陣への流れを作ったということは評価できる。しかし、邪道路線が国の政策をぐちゃぐちゃにし、そして大災害への対応を鈍らせた罪は、極めて重い。その罪は下野に値するほどだ。

 菅首相の次の総理大臣を当然民主党から出せるとは、思うべきではない。邪道路線を推進してきた菅内閣の閣僚や党幹部が、復興連合政権の首相になるべきではない。自民党やその他の党から総理大臣を出す方が、筋が通る局面である。

 なお、民主党の「生活が第一」マニフェストは、一昨年の衆院選で圧倒的な国民の支持を受けたのであり、その全面的放棄を自民党などが求めるのは、自重すべきだ。被災者支援や復旧・復興を進めるにあたり、「生活が第一」という理念はますます重要である。他方、大震災という緊急事態において、マニフェストに掲げた政策の内容を修正したり、優先順位を変えることは、当然必要である。超党派で、国民本位の議論をして、復興連合政権の基本政策を決めて欲しい。

 最後になるが、内閣不信任案に賛成した松木、横粂両議員を民主党が処分するのは、おかしい。菅首相本人が退陣すると言うのだから、首相の退陣を求める内閣不信任案に賛成するのは、首相の意に沿う。菅首相が退陣を決断した時点で、民主党の幹事長なり国対委員長なりが、自民党などに内閣不信任案の撤回を求めるべきであった。どうせ首相は辞めるのだから。そうすれば採決をする必要はなかった。意味のない採決であった。

 内閣不信任案を提出し、賛成した自民党などともこれから連携しようというのだから、松木、横粂両議員を罰するのは本当におかしい。邪道である。

 一日も早く邪道に決別し、政治の王道を歩み、被災者支援と復旧・復興、そして原発事故の収束を力強く進めていただきたい。

◇      ◇      ◇

■日本一新の会事務局からのお知らせ

 皆さんにご愛読いただき、そのコメント数も少なくなかった平野論説、そして地方行政の現場からの発言であった達増論説は、いずれも「メルマガ・日本一新」からの転載でした。

 この1年、全号がTHE JOURNALに転載された「メルマガ・日本一新」はさまざまな階層の方に読まれている様子が事務局や平野代表の元に届いていますが、諸般の事情により以後は随時転載となります。

 継続して全号のご購読をご希望の方は、 http://www.nipponissin.com/regist/mail.cgi からの仮登録、または問合せ窓口、 info@nipponissin.com までご一報をお願い申し上げます。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.the-journal.jp/mt/mt-tb.cgi/8095

コメント (37)

■コメント投稿について編集部からのお願い

《THE JOURNAL》では、今後もこのコミュニティーを維持・発展させていくため、コメント投稿にルールを設けています。

一、コメント欄は匿名掲示板ではありません。投稿は本名(もしくは固定のペンネーム)でお願いします。

一、コメント欄は投書欄ではありません。記事と関係のないコメントや長文(400字以上)のコメントは、内容に関係なく削除する場合があります。

一、コメント欄は噂話を書く場所ではありません。ネット上とはいえ、公的な場である以上、事実関係に誤りがあるコメントは公開できません。情報元のソースはできるだけ開示してください。

一、コメント欄はフラストレーションの発散場所ではありません。感情的な非難や誹謗中傷は受け付けません。なお、最低限のマナーが守られている投稿であれば、記事に批判的なコメントでも削除することはありません。


そのほか、詳細は下記リンクにも掲載していますので、投稿前にご確認ください。

http://www.the-journal.jp/contents/info/2009/07/post_31.html

ご理解・ご協力のほどよろしくお願いいたします。

そうなんだよね、

王道に対するは覇道の筈なんだけど、
覇道に有らず、邪道なんだよね。
だけど、その邪道を受け継ごうとする、懲りない連中がワイワイ、おまけにノブテルも仲間に入れてくれでガヤガヤ。

マスゴミのマスゴミたる面目を躍如たらしめる今朝の新聞、昨日のTV。
少なくとも、菅政権を構成している大臣様達を候補とするのは恥ずかしくないんだろか。
鳩ポッポを嘘つき扱いした大幹事長をTVに引っ張り出し、ついには総理候補に並べちまう恥知らずは、なんとかならんのじゃろか。

それにしても、邪道のど真ん中を行くのは、前原でも仙谷でもない。民主党でも自民党でもない。
何と、天下の公器、新聞屋さんとテレビ屋さんだったとは・・・・・
開いたお口が閉まらない。
アア、馬鹿らし、

まさにこれぞ政権交代を支持した人々の声そのものでしょう。
このようなコメントが新聞、
TVなどの大メディアから一切
聞こえないのはなぜ?
新聞は報道機関でなく今や
政治団体だとの声があったが、
まさにそうなんでしょう。

不信任案に賛成した議員を処分するのは、おかしいどころか当然のことです。
事前に警告もされていましたし、このような重要な事柄で党に逆らった議員を処分しないというのは考えられません。

菅首相がいずれ退陣するということと、不信任するということが同じだという発想はどこから出てくるのでしょうか?
菅首相が不信任してくれと言ったのならば、首相の意に添うことでしょうが。

自民党などに撤回を求めるべきであったかもしれませんが、到底自民党などが受け入れるところではなかったでしょう。目処も不明確なあいまいな辞意では。

自民党などが不信任案を出したのは、菅内閣です。
菅以外内閣で連携しようというのですから、両議員を処分するのは筋が通っています。

決別すべきは邪道なるものではなく、政局優先主義でしょう。

今回の震災で、並々ならぬご尽力を尽くされていると推察しております。今後も被災地の住民のためのご活躍を願っています。
さりながら、復興連合政権の樹立は、これまでの報道内容や各議員の発言から見て、私的にはできないと思っています。混乱が長引くだけにしかならない。
その理由のひとつに、人には面子という厄介なものがある。政治的には、大義名分と言葉を変えることがある。松木議員の怒りは、ご自身の面子を潰されたからの発言であろうし(ご自身その点もわかっておられる様子)、横粂議員は若さゆえの行動であろうと思う。
政党政治である以上、その党の方針に従うのは、当然のことであり、それは美化できない。
私自身は増税論議はすべきであると思っているし、TPPを含む貿易規制論議もすべきと思う。それを過剰に「論議=実施する」ような捉え方の向きがある。
法治国家であり、法案が成立しなければ、実施できないはずである。反対なら反対理由で論議を尽くすのが、筋であろうと思う。
今回の不信任案にしても、大義名分など微塵もない。伺った見方ですが、今の自民党は、以前の共産党です。いやそれ以上だ。現政府を擁護するつもりはなく、こうした混乱を招いた責任はしっかりと取ってもらわないといけないが・・・。
政権交代以後、自分達の面子、党利党略のみ自分達に有利な法案のみ賛成で、今後の与党に有利に動くような法案成立を断固拒んでいるとしか、私には見えない。正義、つまりは、自分達が絶対に正しいから、妥協する訳にいかないとしか私には映らない。政党政治の本質を履き違えている。政党のためでなく、日本のために政策を集約するのが政党政治だと私は思う。
今回の騒動でも、総理が交代するなら復興に協力する。ふざけたことを言うな。
単に、以前に協力を求められた時に断った経緯があるから、その面子を立てたいだけにしか見えない。後だしじゃんけんのように、この候補も嫌だ、自分達に都合のよい相手なら相談に乗るとの意見ばかり、如何に自分達の政党の正しさを証明するかの言動ばかり目に付く。こうした中で、しっかりとした連合ができるか、私には疑わしくなっている。
復興という御旗の元に、自分達の正当性のみに固執している政治家が多い中で、連合政権はできない。
現自民党議員でも、批判を甘んじて受け入れそうな議員はいるが、大方が、口先だけの反省しかしておらず、こうした政治混乱・日本の衰退を招いた責任を取ったといえない。
細川政権と同じで、日本の政治に夜明けは来ない絶望感に私は包まれている。
しかし、それでも復興のためならと魂も売り払ってもと思う気持ちもある。
長文であり、怒りばかりを感じることが多いゆえ支離滅裂な文章です。


願わくば消費税を今は上げないで欲しいな。

これまでのコメントを見させて頂いていると、とても幸せな生活を送って

おられる方達とお見受けする。

(嫌みではなく、本当に『幸せ』な生活を送っておられるように見える。羨ましい。)

生活に窮している年収200万年以下の民間でリストラ等

簡単に首を切られている国民を救済してからにして欲しいな。

また、国家公務員給与等報酬の約10パーセント削減で

約3,000億円もの税金が浮く。
(5割削減で1兆5000億円浮くか・・・。)

小沢氏の1億円献金騒動なんて微々たるものかも・・・。

(検察の推理小説かも・・・。)

消費税を上げる前に公務員給与賞与の5割削減

(民間と同じレベルへ。)

し各種公務員に対する福利厚生の8割削減

(民間はともすると10割削減は常である。)、

国民年金、厚生年金、共済年金の統合等で税金の

使用を押さえる方法は多々あると思うな。

生活に窮している国民の方へ全てを乗っけるのではないと・・・。

まずは優雅な生活を送っている者の『幸せの削減』からかな・・・。

達増 様

連立でなく、連合政権というのは、救国内閣のイメージに近く納得できます。

管氏が民主党のガンと見ていたのですが、昨日のNHK 国谷裕子氏のクローズアップ現代を見て、岡田幹事長が一番大きいガンであることが分かりました。

何かに入れ込んでいるとしか思えないような不自然な発言は、耳をふさぎましたが、さすがに国谷氏もあきれていたようです。

自分の思い通りにならない政局にいらだちをぶつけているのは明らかであり、視聴者には見苦しさを与えるもの以外の何物でもなかった。

原理主義者と世間では言っているが、自我の強い、あくの強い、悪童を見ている感じでした。精神的に全く成長することなく大人になった見本ではないか。

民主党には、この手の人たちが多すぎる。人間をまとめるとか、人を思いやると言った融和の精神に欠け、自己主張を通すためには、異論を唱える者を徹底的に排除するセクト主義が、幅を利かせています。

厄介なことは、自我の塊ですから、自己は正しく、他己は間違いとして、自己反省することが全く欠落していることです。

いったん選挙となったら、このような考え方で地域地盤の安定している自民党に勝てるわけがありません。小沢氏の力で政権が取れたのです。次の選挙で小沢氏が指揮をとらなければ負けることはわかっており、自民党の怖いのは、小沢氏だけです。

中間派の人々が目を覚まし、小沢氏を含めた全員で難局を打開し、参院のネジレは公明党と組んでほしいのですが。小沢氏を抜きにして、民主党が自民党と組めば、民主党崩壊の道を、一直線に進むだけです。

菅直人政権の中心にいた面々は後継の党代表や衆参捻れ対策や東北大震災津波やフクシマ原発対策としてどのような政党枠組みで連携や連立の政権を構築するかについて、とやかく言える資格はないんじゃありませんか。

岡田、枝野、仙石、前原、野田ら主要閣僚や党幹部をやった連中はマスコミに出て大きな口をたたける立場ではないはずだ。

代表選で政見を主張し、他党との連携について政権構想を述べて支持を受けるのが本筋だ。

まず 後継代表を決めることが先決。 その後代表が選任した幹事長ら党執行部らと政権構想を固め他の党との政策協議を経て連立なり連携を取り決めるのが順序だ。

基本政策で全く対立する二大政党が闇雲に当座の震災対策だけで連立して、三ヶ月や半年後に 解散総選挙をやるような 短期の時限的連立政権は自民党の政権奪取政略に過ぎない。

震災対策は与野党を超えて協力し合うのが当たり前。
そのことを口実に、大翼賛会二大政党の連立を正当化すべきではない。

参院での過半数を回復するには、二大政党の連立でなくとも解消する方法はある。 公明やみんなの党など中小の政党と連立連携すれば充分に衆参捻れを克服できるではないか。

過去にも自民党は参院で過半数割れしたとき、その時代の中小の政党と連立連携して乗り切ってきたのである。

東北震災を理由に、議会制民主主義を形骸化する二大政党連立をやるべきではない。

両議員総会を速やかに開いて国会議員だけで開いて、小沢幹事長体制を復活してください。強権的豪腕小沢体制でリーダーシップを発揮して国難に当たってほしい。
へたに連立しても小田原会議となって解散を早める結果となり民主党は大敗し小沢さんは水沢に幽閉されるシナリオを危惧いたします。自民党を復権させるのだけは御免こうむります。とにかく両院総会の開催を鳩山さんに頼んでください。そこで政策論議をさせましょう。小沢マニフェストが勝利しますよ。絶対に(^^)無党派に訴える政策をお願いします。アメリカ従属の政策を止めさせましょう。普天間にOsprey配備を許したら小沢さんも終わります。(多分

 達増知事様

 福島から遠い地域に住んでいるわたしですが、政府の震災復興と原発対応は毎日気になります。
 3月11日以降、かつて経験したこともない憂鬱に包まれて過ごしています。平時には、政治の停滞を苦笑していましたが、この国難のときは、政治の役割は大きいはずで、しかし期待に反して、歯がゆいことばかり発覚し、絶望的な気持ちになり、日本はどうなるのだ、という思いが募ってきます。
 そして、マスコミは大事な情報が何かも判断できないのか、伝えるべきことを小さく、あるいは隠し、どうでもいいことにスポットを当てて、国民の関心をはぐらかしています。

 国民は、選挙の度に「民主党に低い評価を与えてきました」それは政権の果実を手にしながら、国民生活を守るという政策が感じられないからです。
 参議院選挙の直前では、菅総理は「消費税アップ」を突如ぶちあげて民主党内でも合意を得ず混乱しました。そこから凋落の一途。ネジレ国会作り上げたのは菅内閣です。岡田幹事長のもと選挙は負けつづけ、菅内閣は退場必然でした。
 そこへ東日本震災。菅内閣が必死に仕事して、支持回復どころか、野党からの菅内閣不信任案の提出。有権者からも野党からも菅内閣は「退場通告」だったのですが、政局大好きなマスコミが「権力争いしている時か」の常套ことばにはあきれます。
 ダメな内閣だから退場通告なのです。不思議なのは菅内閣が不信任案突きつけられた自民党と連立組むという情報。自民も大義なくダメな勢力と組むのでしょうか。何もかも、滅茶苦茶ですね。あきれました〜。

達増知事殿

正に当を得た公論です。
また、被災地の被災民の心を代弁するご発言だと思います。

大切なことをマスコミは伝えていない様です。今回の内閣不信任案は、そもそもなにか。
巷間、菅個人の人間性や指導力欠如に視点があてられている様ですが、本質的な問題はその菅に代表される政府及び現民主党執行部の『邪道路線』にあります。

民主党全国会議員各位

しかし、一昨年の政権交代における国民期待を裏切り、国民生活を顧みず、あまつさえ増税に踏み切ろうとしている現民主党幹部への批判が表面に出ないのは何故か!
菅個人への批判にことの本質を歪曲化させ、自身の保身と権力維持に拘泥する(最近では自民党の大連立などと姑息な小手先に走る)『邪道な政治屋連中』への批判が力を得ないのは何故か!

それは、民主党の個々の議員が行動を起こさず、発言を控えるからです。

民主党内で『民主主義に基づく行動』を起こさない中間派議員の不甲斐なさ....これ程情けないものはありません。

『民主党現執行部総辞職勧告決議案』
今、これを集めた上で、今、両院議員総会開催を求めるべきです。

両院議員総会の開催と現執行部の責任を追求すると言った鳩山グループの中山氏や曖昧な合意書で問題を先延ばしした平野氏の今週の行動はどうか。
西岡参議院議長の「所感」(6/5)で、暗に日和見的な裏切り者と批判された原口氏の今週の成果はなにか。

国民は、今黙って『じっくり』見ていることを忘れてはいけない。

民主党の全国会議員は、西岡武夫参議院議長の『所感』を熟読し、今なにを行動しなければならないのか....真剣に考えるべきだ!

全ての国民が個人個人の議員の行動に注視し、来たる『審判』に備えていることを忘れて貰っては困る!

大きな誤解がある。民主党のマニフェストは、民主党議員の議会選挙のマニフェストである。よって、実施のための第一責任は内閣には無い。責任は民主党国会議員にこそある。実施できない攻めを内閣にするのは本末転倒である。もちろん、総理大臣が消費税増税を言おうともスルーで問題ない。総理大臣には増税する権限などは無いのだから。
よって、国民は議員に仕事をさせることを考えればよく、議員は決まったことを内閣に実行を迫ればよい。議院内閣制とはいえ、国政の全ての権限は立法府たる国会にこそある。

<小沢一郎の人間力>
現代ビジネスサイトにおいて時事通信解説の田崎史郎氏が面白い記事を書いている。彼はもともと小沢番記者であり、一時は小沢氏の居場所を知りたければ田崎を探せとまでいわれた人物だが、その後、小沢氏と袂を分かっている。
詳細は以下サイトでお読み頂くとして、抜粋をご紹介させて頂きます。
http://gendai.ismedia.jp/articles/-/7447
(抜粋)
民主党首脳部もわたしたちも、民主党元代表・小沢一郎のパワーを小さく見過ぎているのではなかろうか。今回の「内閣不信任案政局」を見ていて、そう思った。
たしかに、最後は前首相・鳩山由紀夫にはしごを外されたために、内閣不信任決議案可決に至らず、首相・菅直人にとどめを刺すことはできなかった。しかし、民主党内で造反組が小沢グループを中心にして可決に必要な80人前後に積み上がってくると予測した人はどれくらいいただろうか? なぜ、小沢の意向でこれだけの衆院議員が動くのだろうか?
(略)
 菅政権側が対策を打ち始めたのは、自民、公明両党が内閣不信任案の早期提出に向けて調整を開始した5月23日以降のことだ。それでも同25日夜、党執行部の1人に情勢を聞くと、楽観的だった。
「不信任案に賛成するのは30人以下と思っている。会派離脱申請組の16人を含めてそれぐらいだ。あと欠席組がちょぼちょぼ。読みが甘かったにしても、40人ぐらいだろう。署名はそんなにあつまっていない。署名しているのはせいぜい50人程度。このうち、署名しただけで賛成はしない、という人がいる」
「小沢切り」に失敗した執行部
 この1週間後には造反組は執行部が想定した倍に膨れあがっていた。これを目の当たりにした自民党幹部は「小沢はすごい。何の権力も持っていないのに、首相を辞めさせる寸前にまで追い込んだのだから」と語った。
(略)
小沢の力の淵源を解説するのに、「選挙とカネ」と説明すると分かりやすいが、それで分かった気になるのは、少し違うのではないかと思う。現在の小沢は、民主党内で蚊帳の外に置かれ、選挙の面倒を見られるわけでも、金をまけるわけでもない。前回の総選挙で世話になったといっても、それは代表選での投票で十分に返している。
政治家には、人に仕えるタイプと、ポストに仕えるタイプがいる。菅の周りにいる人たちはほとんど、その役職に就いているから菅を支えるというポストに仕えるタイプだ。これに対し、小沢の周りにいる人たちは小沢に惚れ込み、仕えている。
その求心力をもたらしているのはおそらく小沢の「人間力」だ。菅の人間力はないに等しいが、小沢には十分にあると見なければ、この政局における議員の動きを理解することができないのではないか。
(抜粋終了)
この見立ては多分正しい。ギリギリまで旗色を鮮明にしなかった鳩山氏が一番慌てたのではないか?また、現在マスコミを賑わしている大連立騒動もおそらく小沢氏の力を思い知った菅執行部幹部の最後のあがきに見えるのは私だけだろうか?
そもそも今後の政局を動かす資格のない人間が蠢いている。
岡田氏は、民主党をここまでバラバラにした張本人である。「皆が選んだ菅総理を支えるのが挙党一致だ」という詭弁で、菅総理の「独裁」を許した。参議院選挙敗北の責任を小沢氏に押し付け、党大会において地方組織から出された動議を圧殺した。
その後の地方選挙・補欠選挙において連戦連敗を続け、都知事選挙においては候補擁立すらできなかった。テレビ出演をハシゴして「次期総理候補」などと煽てられ、否定をしない彼は、田崎氏ではないが人間力のカケラも見えない。普通なら総理に殉じて蟄居閉門すべき立場である。
枝野氏も同様である。総理の女房役として原発事故の本質を隠蔽し続け、家族をシンガポールに逃がし、国民を健康被害のただ中においても「ただちに健康に影響がない」といい放ち、原発事故が深刻になるや会見を細野補佐官に委ね頬被りした。被曝者を量産した張本人であり、万死に値する。
仙谷氏は、尖閣問題において本来政府の意思で解放しなければならない中国人船員を沖縄地検に判断を押し付け、国益を損ない問責決議が可決された人物である。代表選挙の投票日に併せて検察審査会の起訴相当を発表し、また党員サポーター投票のハガキを裸にして、画策したとも噂される人物。公平・公正とは程遠いダークサイドの人間である。
よくもまあ、これだけ人間性に問題のある人々が集まったものだ。彼らは次期総理の元で冷や飯を食わない様に、小沢グループが党内で力を発揮できない様に、あらかじめ自民党を巻き込んで、数を得ようとしている。彼らを煽てるマスコミは、国民の生命を危機に陥れる共犯を続けようとするのか?

達増 様

まさに正論ですが、残念ながら菅はじめ西岡参議院議長が指摘した菅との共同正犯の政府高官や幹事長はその場しのぎで鳩山との覚書を交わしたようで菅はやめる気はなかった。仙石が主導権を握りたいため、マスコミを利用し、菅を追い詰め、やめさせようとしているだけで、松木氏の処分をやめる気は全くなく、未だに小沢を処分したいと様子見しているのではないか。
今の民主党が不人気なのは西岡氏が指摘するように民主党政府高官、幹事長に政治家としての素養はもちろん人間としての素養もないからである。まったく責任感が欠如した頭脳詭弁集団である。いわば知的やくざでなく、知的暴力団である。
やくざには筋があり、仁義がある。知的暴力団には筋も仁義もない、詭弁を弄して何をしても自分が正しいと思っているのが知的暴力団、今の民主党政府高官と幹事長である。

共同正犯の枝野、岡田、仙石が菅の退陣時期と大連立を言及するなんて筋も仁義もない。
枝野です、こだまです、安全ですと国民を騙した枝野、選挙に惨敗続きの無能岡田、尖閣事件で政治家失格の仙石、それが正義は我にありとばかり発言するなんて狂っている。
覚書では震災復興より先に民主党を割らないとか自民党に政権を渡さないを書いた鳩山を含め、全員話にならない。
自民党でも政権が行き詰まり、総理が退陣となれば、幹事長や官房長官は一心同体で退陣し、発言しなくなったものである。
全くの無責任集団、人間失格集団である。
ここまで無責任ならその無責任さを選挙で信を問えといいたい。
西岡氏は正論である。
菅始め政府高官、幹事長は西岡氏に民主党をゆだね、今後の政権について主導権を渡すべきである。菅始め共同正犯は当分蟄居すべきであり、松木氏の処分は当然取り消すべきである。

共同正犯が蟄居しないなら国民は民主党をつぶすだけだ。
今の民主党には何の期待もない。
共同正犯に比べて座敷牢蟄居中の小沢が衆議院だけで70人も集めるのである、何の見返りもないのに凄いとしか言いようがない。

投稿者: 奥野 | 2011年6月 7日 12:25様の

「共同正犯の枝野、岡田、仙石が菅の退陣時期と大連立を言及するなんて筋も仁義もない。」

まったくその通りです。


おまけにテレビや新聞などでは次の総理は枝野だの岡田だの玄葉だの前原などの名前を挙げている。

その上、政権が安定させるには仙石が良いとか主張する馬鹿がいる。尖閣の中国人船長の処理の拙さを忘れたのか・・・。


どのマスコミも小沢氏の名前を挙げないか、「誰も適した人がいない」という。


本来、ここでは小沢系から出すべきだ。

原口さんもちょっとヘタをした。それでも情熱は感じられる。

自民党の若手が小沢氏では嫌だと言うのは「小粒の議員が多い自民党は小沢さんが恐いのでは・・・・」と政治音痴の家内がポツリと一言・・・。


連立では自民党は次の総選挙の事を考えるから、どうしても「自民党にとって都合が良い総理」を考える。それに簡単に乗るような事はして欲しくない。

国家国民の事を考えると、「管ではダメ、小沢とは組みたくない」の自民の青二才集団と組む事はしない方が良い。


森元総理などは小沢さんと組んでも国家国民のためには良いと考えるのは小沢さんの力を知っているからだろう。


自民に母屋を渡して、もし都合のよい時に解散となれば民主は全滅。・・とすれば、結局解散をしたくない亀井静香さんしかないのかと・・・・。

今、ふと思った。

誰も総理の適任者がなければ、西岡参議院議長がその職を辞し、横滑りする事は出来ないか?・・・・と。


参議院議員は総理になれないとは憲法に無いのでは・・・・。


このところの想定外想定外の想定外で意外に良いかも・・・・。西岡さんには信念がある様に見受けられる。

国家国民のため、マスゴミにも遠慮なく、復興の為に全精力を使って頂きたい・・・・と。


最近、名前が挙がっている「共同正犯」の議員よりずっとマシだ。


それにしても、民主党をメチャクチャにした岡田氏が何の反省もなくテレビでアレコレ言う神経がわからない。


だから小沢氏に政治家としての資質の無さを見抜かれていたのではないだろうか・・・と。


それも分からずに自分を鍛えずに、ただ個人的な恨みとしてあれほど醜い反小沢をしてきたのではないだろうか?


本来、新執行部は管・岡田を党員資格停止にすべきであろう。

ここはひとつ、民主党A(アカ)と民主党B(ブラック)に分かれたらどうだろう。混沌としている状況ですので、民主党のアイデンティティをはっきりさせる必要があるかもしれません。しかし、小沢さんも自民党の老害に泣きつくとは焼きが回ったものだ。もう、何の目もありません。さあ、ここら辺りで潔く菅さんと鳩山さんを連れて退場してみては如何でしょうか。貴方達が身を引けば民主党は生き残れるかも知れませんよ。

菅さんはねじれで混乱してしまったのでしょうか。全く政権交代前に期待していた民主党と真逆方向にいってましたから。結局は官僚の皆様のいいなりにどんどんなっていったという印象です。
でも、発送電分離や新エネ方向シフトを最後の置き土産?としてはっきり打ち出してくれたのはよかったです。このまま電力自由化に進めば、最低な原発の電気を買わなくて済みますか...ですが、焦ってメガソーラーや風力など取り入れると環境問題等も気になる所です。
また、津波対策として、宮脇昭さんの瓦礫山の森など期待しているのですが、いかがでしょうか。私はとてもいい案だと思うのですが。。

次の政権は、脱原発と放射能対策をしっかり出来る体制にしてもらいたいです。もちろん震災津波被害対策もですが。小沢さんは、どうやら脱原発方向なようで、そういう力のある方がどんどんその線で発信していただきたいと思いますし、脱原発議員連盟なんてどうですかねぇ。。とにかく影響力のある人が発信する事大事です。
最近はなぜか?wsjで「小沢主導の政界再編への期待」などとされているようですが、どうなのでしょうか。。

岩手も本当に大変と思いますが、どうぞ頑張ってください。私もルーツは岩手にありますし、内陸に親戚もあります。出来る範囲で支援していきたいと思っています。

小沢一郎という政治家はマスゴミからも野党からも身内の与党の中からも攻撃され、ぼろ糞に言われる。


しかし、その魅力に引かれ支持する議員も多い。日本中には800万とも1000万とも言われるコアの支持者がいる。小沢党の支持者だ。


魅力が無ければ集まらない筈だ。


以前、友人がシングルになった時、記念コンペがひらかれた。


大学の同級生、高校の同級生、同じ業界、ゴルフ場のメンバー、経済会など各界から100人が集まった。


彼は結構我侭で言いたい事を時には言うが、どこか魅力的なんだろう。


皆さん「誰々君のコンペなら・・・」と言う。小生も浜松から岐阜カントリーまで出かけた。


中には松坂から駆けつけた者もいる。

やはり人間どこかに魅力がなければ・・・・。

自民党と民主党その他の各党が組んで大連立政権になっても、うまく回るという保証はありません。文字どおりのガ◯、仙谷由人さんと財務相の進みたい方向に進むだけと私は危惧しています。


この際、被災地の各知事・県職員・被災地が選んでいる国会議員・県民被災者の皆さんがこうして欲しいという復興原案を先に提出する方が後々のためには良いと思量します。

金が例え50兆円かかろうとも。
金など印刷すればいくらでもまかなえます。国難です。

しかし、金庫番というのは何とか出さない方法でそうした案に詰め寄るでしょう。そして、国民の増税なしには出来ないなどと、もっともらしいことを羅列すると思われます。

屈しないこと。何度も書きますが国難ですから、金など印刷すればいくらでもまかなえます。

そしてインフレを懸念する御用学者バカが叫ぶでしょうが、屈しないことです。

国民もかなり衆愚になりかけていますが、インフレを引き起こさない策をきちっと伝えれば大したことにはなりません。

節電!、と言えば節電が出来る、世界に冠たる優秀かつ忠実な国民性をまだまだ持っているからです。

国・官僚は国民をなめてかかるとお天道様から必ずバチを当てられますよ、いずれ。

前原誠司の名前が躍っているようですが、彼がやってきた事を再確認しなくてはいけません。

彼は、菅直人と一緒です。
思いつきの、やりっぱなし男の実態を忘れてはいけないのです。

永田メール事件、
同僚議員を使い捨てにし、死なせてしまった。

ヤンバダム、
その後、一体どうなったのでしょうか?

JAL,
元気良く、友達で作ったタスクフォースを引き連れて解決に挑んで・・・・最後は、誰かに丸投げ。

中国の漁船拿捕、
これなんか、もう最高。
総理だか、官房長官だかに向けて放り出し。
終わってみたら、地方の検事さんが「幕引き?」、
まだ、終わってないけどね。

外国籍の方よりの献金問題も有るし、両院議員総会で「除籍」してしまえば…
ついでに菅も、外国籍の方よりの献金で「除籍」、
もひとつ、暴力団系の方よりの献金で騒がれる閣僚の方は、「党員資格停止」にしたらいかがでしょうか。

達増 様

朝日の報道によると、小沢氏は十数人との会合で、「過去の言動にとらわれず、脱小沢候補も支援していく」と、代表選に臨む態度を明確にしたようである。

脱小沢候補との接触があったのでしょう。政治家であれば当たり前のことであるが、敵味方を峻別しないので、管氏との政治家としての力量の差を感じずにはおれない。

政治家が、どんな相手であっても徹底排除を画策すれば、それだけ相手の反発力は強まるのは当たり前の話で、科学的にも証明されている。拮抗する数の支援者を持っている方を排除の論理で対すれば、政策遂行などできるわけがなく、政権が崩壊するのは当たり前のことなのに、多分わかっていながら、対応できなかったのでしょう。

管総理の対人間対処の論理は、味方するものは徹底的に重く用い、敵対するものは徹底的に排除することであった。残念なことに、本当の人間的魅力でついていくものは少なく、あくまでも国民世論だけが頼りではなかったか。

指導者としては、疑問符のつくことばかりであるが、一定の存在価値を示しえたのは、今までと全く異なった価値観を持った総理であり、我々国民がまごつきました。

「ころころ変えるのはよくない」とか今回は「この非常時に政局か」といったマスコミ用語に援護射撃を受けたが、全く的外れであり、結果的には、マスコミの影響力が低下したのは、収穫でした。

政治家は利権の代表、代理者であって、小沢氏の本心は、役職など権力を得ることではなく、利権が得られれば良いだけのドライな発想のできる方であるからこそ、影響力のある政治力を維持されておられるのでしょう。

岡田氏も同じですが管氏は、小沢氏の本音を理解し、それなりの対応をすれば、政権を長く維持できたのに、徹底排除にこだわり、頑固と言うか、融通性が利かないというか、全く不器用な方でした。しかしながら、彼らは彼らなりの主張を最後まで押し通したことは、わからないことではないが、未熟としか言えない。

昨日の東京新聞の社説は社会の木鐸たる新聞として面目躍如の記事である。

【社説】
大連立構想 失政への猛省が足りぬ
2011年6月7日 東京新聞


 菅直人首相の進退騒動の最中、民主、自民両党の大連立構想が再燃した。震災対応を大義とするが目先を変えれば成果が出るのか。与野党ともに「政治の停滞」という失政への猛省がまず必要だ。

 これまでもくすぶっていた大連立構想が再燃したきっかけは、岡田克也民主党幹事長の発言だ。

 「与野党ねじれの中、物事をしっかり決めるには、期限とテーマを決めて大連立というべきか、各党が協力する態勢を目指したい」

 与党が参院で過半数に達しない「ねじれ」状況では、与野党が協力し合わなければ法律は成立しない。そんなことは昨年の参院選で民主党が惨敗した時から分かっていたはずだ。

 なぜ、これまでそれができなかったのか。第一は菅首相と内閣、民主党の側に野党の協力を得ようという熱意がなかったことだ。

 首相は野党側が責任を感じて歩み寄ることを期待したようだが、より必要だったのは野党の要求に柔軟に対応する決断だった。

 第二は、野党、特に自民党が不毛な政権攻撃に終始し、国会運営の責任の一端を担う「責任野党」の役割を果たさなかったことだ。

 この際、どちらが悪いかを問うても仕方がない。必要なことは、与野党がともにこれまでの態度を改め、停滞する政治を協力して前進させることに尽きる。

 民主党が今すべきことは、混乱の原因となっている菅首相の退陣時期を明確にし、菅首相がどこまで案件を処理するのかという「政権工程表」を明示することだ。

 赤字国債を発行する特例公債法案や、二〇一一年度第二次補正予算案を菅内閣で成立させるのか否かをはっきりさせなければ、野党との協議にも入れまい。

 自民党も国民の利益を第一に、協力すべきことには進んで協力すべきだ。大連立でなければ物事が進まないというのではおかしい。

 岡田氏は記者団に、大連立によって「震災や税・社会保障の一体改革を乗り越えることが必要だ」「第一党から首相を出すことが基本だ」とも述べたという。

 この発言からは、大連立構想が民主党の政権延命策にすぎず、どさくさ紛れに消費税まで増税してしまおうという狙いも分かる。

 大連立の「大」は、大政翼賛会の「大」に通じる。民主、自民が連立すれば衆院議席の九割近く、参院議席の八割近くを占める。一時的だとしても、批判や少数意見が封じられるのは望ましくない。
〈コピー終わり〉

西岡参院議長の所感にあるように民主党をここまで凋落せしめた最重要共同正犯の岡田幹事長や仙石や枝野官房長官らに次期政権の連立構想を語り関与する資格はない。
衆参捻れ国会を打開できなかった岡田幹事長執行部が 大連立で特例公債法成立を乗り切ろうとするはもってのほかである。

菅政権党執行部がやらねばならないことは せめて平成23年度予算の重要関連法案の特例公債法を菅内閣総辞職を引き替えに成立させることだけである。

次の民主党代表が選出されていない前に大連立構想を裏で画策するなどあってはならないことだ。

次の民主党代表と党執行部が政権で成し遂げるべき基本政策を固め
他の党の政策協議を経て連立や閣外協力を含むテーマ限定の連合政権などの政権構想を実行に移すべきであろう。

時限的テーマで大連立して、復興財源や税と社会保障の一体改革の名の下に、消費増税を一気呵成に強行することは国会をだまし討ちにして不信任案否決を引き出した数日前の菅政権と同じになる。

政権交代マニフェストを実行すべき民主党と完全放棄を要求している自民党が大連立するとするならば、その前に国民に政権交代マニフェストをどのようにするのか国民に明確に説明しなければならない。そうでなければ、単に利権がらみの談合政権に堕落する。

東北大震災津波やフクシマ原発事故収束対策は次期政権の大きな課題だが、さりとて他の重要な国の基本政策について真っ向から対立する基本政策を無視して二大政党が大連立することは議会制民主主義を根底から危うくする。

数は少なくとも、中小の政党が存在することを無視してはならない


<すみません>
<小沢一郎の人間力>の投稿匿名 | 2011年6月 7日 12:05
はem5467-2こと恵美でした。

「脱小沢」は自然の流れ

 ポスト菅・民主党新代表の絶対条件は、自民党との協力体制を確立できる政策方針を打ち出す新代表ということである。つまりは「09マニフェスト見直し派」でなくては、自民党から相手にされないということは自明の理なのである。特に第二次補正予算案は、20兆円近い規模になると言われているが、その財源の捻出において、自民党は「09マニフェストの大幅見直し」を要求して来ることはまちがいなく、それができない新代表なら、二次補正は成立の見込みは全く立たなくなる。
 そのことを考えて見ても、谷垣総裁が、自ら述べている通り、「内閣不信任案成立」後の、展望がまったくないままの無責任な「場当たり行動」であったことがよくわかる。つまり、マニフェスト全否定派の自民党と、マニフェスト重視派の小沢グループとは、「菅内閣不信任」までは、共闘できるが、その後の「ポスト菅政権構想」での共闘は、ほとんど不可能な情勢であったのだ。

 したがって、現在、谷垣氏が、「今は民主党の権力闘争の真っ最中だ。その結果、何が出てくるのか分からない」(6月6日)と述べたということは、「09マニフェスト重視の小沢系・新代表なら、自民党はノーですよ」というメッセージであったのだ。
 また二次補正でマニフェストの大幅見直しが行なわれ、またその延長上に今秋から24年度予算編成が、ポスト菅・マニフェスト見直し派と自民党との協調政権のもとで実行されることを考えると、09マニフェストは見直し派の主張の方向で決着がつけられるということになる。

 しかしながら、よくよく考えて見ると、もともと「09マニフェスト重視」は小沢氏の「菅おろし」のためのタテマエにすぎなかったのであるから、小沢氏の目的である「菅おろし」という権力闘争の目標は達成できたということになろう。

民主党の両院議員総会で次期民主党代表を決めるのは結構だが, 鳩山由紀夫氏が再再度の二乗に輪を掛けて, またもや常識外れな愚行を繰り返すのではないか, と懸念しているのは, 小生だけだろうか? 鳩山由紀夫氏は本当に信用できない肝心要が抜けた人物ではある。

福島の核燃料は賢しい工程表など無視して地中に潜り込み始めたようです。

WSJのインタビュウ記事からは、事態は人類史的事件になりかねない、という小沢さんの危機感を感じました。

東電の声にならない悲鳴が聞こえている政治家は小沢さんだけではないのか。


報道に由ると""
岡田氏ら民主幹部、野田氏擁立を検討 「仙谷幹事長」も 7月代表選視野に""

本当に馬鹿な事を画策しているのか、マスゴミがかってに報道しているのか知らないが、とんでもない事です。


原発のメルトダウンだけでなく、この日本のメルトダウン寸前までした管と共同正犯の方々は己の立場を考えて少しは静かにしていたらどうであろうか?


特に岡田氏は馬鹿じゃなかろうか?


小沢氏などの事情聴取をしたとか報道されているが、本来岡田氏が事情聴取され、責任を取らされ、除名されるべきで、或いは自ら離党なり、議員辞職すべきではないだろうか?


そういう声が若い議員から上がってこないのはおかしい。

達増様
小沢氏に政治をさせないで、日本を沈没させようとする日本人がなぞこんなに多いのだろうか。小沢氏を支持する国民には信念があり、常にぶれていない。人間尊重の政治をしてくれるのが今は小沢氏しかいない。民主党執行部は素直にそのこと受け入れるべきだ。
メディアも破れかぶれで、実力も無い人たちを次期首相などと持ち上げるのもいいかげんにしてもらいたい。首相がころころ代わるから世界の笑いものではなく、政治をしらない人をリーダーにし、そして国としての自立性・独立性を持たないから笑いものになるなのだ。
他国との関係が、長い付き合いでなければ、よい関係ができないなどとは屁理屈である。

投稿者: 匿名 | 2011年6月 7日 12:05こと投稿者: em5467-2こと恵美 | 2011年6月 8日 09:26さん、

消費税の名前を変えての大増税を画策し、真夜中の記者会見で発表しゴリ押ししようとした小沢。
新生党政権のときのことだ。

このような卑劣なマネをする小沢の人間力は最低と言っていい。

だいたい、刑事事件の被告人で党員資格停止処分中の人間が代表になることなどありえないから、小沢狂信者はムダな妄想をしなくていいよ。



小沢の汚い増税手口は下記でも記載されている。

『1994年、小沢と大蔵事務次官の斎藤次郎が中心となり、消費税を廃止し7%の福祉目的税を創設するという「国民福祉税」構想を決定した。2月3日未明、細川は突如、「国民福祉税」構想を発表し、世論の激しい反発を受けた。』

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B0%8F%E6%B2%A2%E4%B8%80%E9%83%8E

小沢はこんなに汚いマネをしているのに。
ここの投稿記事では小沢の人間力を論じている。

このような汚いマネをする小沢の人間力は最低だ。
以前のことだからOKなどとはとても言えない。


小沢に人間力があるならば、
ここ15年の経過をどのように判断する。

15年の間、小沢は常に注目の的で、それなりの実権も握ってきた。

その小沢に何処までも着いて行く人間の数は15~20と言うではないか。
何故、最低でも70~80人の同士を掴んでこれなかったのか。

ここが一番の問題である。
言葉だけなら、小沢の言っているような政策など中学生でも発することが出来る。
要は実行力であり、人間の統率力の問題である。

300を越す圧倒的な与党の、それも一方の雄でありながら、手も足も出ない現実が小沢の人間力を物語っている。

その現実を覆い隠し、更なる小沢の打つ手に期待するなど、消極的にも程がある。

おまけに小沢は、消費税の大増税を画策して、真夜中に会見で発表してゴリ押しするような人間だ。

こんな小沢の人間力はゼロと言っていい。


重要なのは、

官僚のムダ遣いをそのままにしておいて、消費税の大増税を画策したこと。
突然真夜中に会見を開いて、増税をゴリ押ししようとしたこと。

これらが小沢が政治家として信用できない理由。
こんなことをする人間に政治家としての人間力はないよ。


多くの人が眠っている真夜中に突然会見を開いて大増税をゴリ押しするなど、まともな政治家の取る方法ではない。

こんなマネをするのは、金に汚い小沢だけだ。


現に官僚によるムダ遣いがそのまま残っているのがその証拠。
民主党の仕分け会議で一部が暴かれただけ。

こういう官僚のムダ遣いを放置して大増税を画策した小沢の卑劣さ、汚さ。
まさに官僚の手先だ。

金に汚い小沢一郎?

小沢一郎は、自民党を離党以来、数々の離合集散の中心となってきた。
それを、彼に好感を持たない連中は「壊してきた」という。
ま、あえて、その言葉に反対するのは止める。壊し屋でも良い。
(もっとも、壊し屋なんてものになるには、相当な実力が無ければなれないモノで、その言葉自体が、彼への称賛の言葉の一種かもしれない。)

ところで、彼のもとを去って行った数多の政治屋たちは、何を言っていただろうか。
よ~く、思いだしてもらいたい。
「独断専行」だの、「人の話を聞かない」だの、「横暴」だのといった言葉を、彼らは吐いていた。
中には、ただ「嫌いだ」といった奴もいたみたいな…

しかし、「金に汚い」といった奴は、ついぞ見た事も聞いた事もいない。
最近のマスゴミ報道の中では、「ウソだけはついた事がない」だとか、「裏切られた事は無い」などと、あの渡辺コーモンだとか武村までが言っている。

これを、上に書いてる方はどう聞くのだろうか。
面白いポストだ。


消費税7%の福祉税構想については、総理がはやまって勝手に発表したと云う話も有るが、真相は知らない。
しかし、あの時点で、しっかりとやっておけば、現在の財政構造はどうなっていただろう。
そんな事を、考えた事は有るのだろうか、ポストさんは。
当時の日本政府の借金は、200兆円くらいだったんじゃないかな?
そして、既にあの時点で現在の「医療・年金問題」は、解っていた事なのですよ。
財政構造を変えておかないと、どうなるかは、はっきりしていた事なのですよ。
それを壊したのは、武村(さきがけ)と自民党、そしてマスゴミでした。

ある政治評論家が総裁選の後「今回の代表選は菅総理の勝利ではなく、国民世論の勝利でした。」と。

また、「小沢一郎の求心力は終わった」と。

同じ人間が「管が行き詰れば、200票という約半分の票を確保した小沢一郎の出番が来るだろう」と。


野田氏が党内融和と言っている。

騙されるな!  管嘘つき内閣の財務大臣だ。増税して庶民を泣かせるな!


いつ管同様に嘘のオンパレードをするか分からない。


管内閣の閣僚は全員失格だ。

今朝、テレビをみていて、ふと思った。

これまでの管さんは嘘と言い訳のオンパレードで有った。

その弊害は余りにも大きく、いつの日か福島県の被災者を中心に「業務上過失致死罪」か何かの罪で訴えられるであろう。


だが、今一番問題は菅さんは辞めればそれで問題が片付く分けでなく、これから先も続くであろうマスコミの嘘と騙しのテクニックで国民を誘導する弊害。


今朝もマイクを向ければ、若者が答える「今は復興が第一。菅さんを降ろす等の政局、政争をしている場合ではない」

「誰がなっても同じ。誰も総理候補がいない」のオンパレード。


マスコミは勝手に次の総理の候補の名前を挙げる。

本来、管を支えた閣僚などは上げるべきでない。それにも関わらず、ほとんどそうだ。


そうして多くの国民を誘導し、世論調査のいい加減なもので更に国民だけでなく、青い信念のない議員までも洗脳してしまう。


議員の嘘よりもマスコミの嘘の方がこれから先心配だ。

本来、前回の総裁選の結果、岩手出身等を考えると「小沢一郎」の名前を一社くらい上げるべきだ。


「党員資格停止」が問題なら、解除すれば良い。


この大震災の復興を一日も早く成し遂げるには、挙国一致が必要であるとかいうならば、「党員資格停止」は「民主党の内輪の事」であり、天下国家の事を先ず考えるべきである。


被災者の人たちが本当に菅さんで良いと思っているのか疑問だ。

マスコミの方々も福島の原発被災者の所に行き、隠さないで本当の生の声をカットするでなく、そのままを伝えて欲しい。


今、小沢一郎以外の誰がなっても、この国を引っ張って行くエネルギーがない。


もちろん、小沢一郎がなっても実際にやってみなければ結果が出るかどうかは分からない。

その時は小沢一郎は「幻想」であったと諦めるしかない。でないと、いつまでたっても多くの国民に不満とイライラが燻る。。。。。。「小沢一郎なら、、、、」と。


石破氏「菅さんが首相を降りれば自民と民主が連立する可能性が高い。そのときは、菅さんの後を私がやる」

自分の小粒さと能力の無さを自覚しないで、こんな事を言える男は失格だ。


国家存亡の時に「小沢とは組めない」とか平気で言えるのは自分が小沢氏に比べて小さい事を言っているみたいだ。


一部の世論調査で総理に相応しい人第一位になった。世論とはそういうもので、得てしてとんでもない人間に投票する。


いろいろと仙石氏などと一時は画策した様だが、早くオタクから卒業して欲しい。

イージス艦「あたご」事故の時の防衛大臣は石破氏ではなかったか・・・? 無実の部下をかばう様に努力しただろうか?

""
前原氏はまた、「トロイカ」として民主党を率いてきた首相と鳩山由紀夫前首相、小沢一郎元代表の3人について「政権交代の功労者だが、もう力を全面的に借りなくても、若い世代が一緒になって、そういう方々の知恵も借りながらやっていく形に変えるべきだ」と述べ、党運営の一線から退くよう求めた。 ""


石破氏も次の総理には前原氏が適任と言う。


お宅が推薦するくらいなら、民主党の総理としては失格だ。


前原さんは勘違いしてはいないか?


偽メール事件で失脚し、外国人からの献金で脇の甘さを指摘された。


貴方の仲間の皆さんが支持した菅さんが史上最低最悪と歴史に残るというのに、まだ自分達でやっていけると反省すらないですか?


皆さん、もう学生会か子ども会程度の内閣は造らないで欲しい。余りにも見習い運転が長すぎた。余りにもお粗末な党運営、内閣であった。


もう少し謙虚になって、小沢氏の力を借りたらどうですか?


こういう手合いをマスゴミが担ぐからその気になってしまう。本当に困った事だ。


真に総理の器なら堂々と小沢さんの知恵や胸を借りるべきだし、一日も早く党員資格停止を解き、堂々と戦って総裁になり、小沢派の人たちとも協力して挙党体制で震災の復興に当たるべきだ・・と老人は思う!


 達増 様

 一県知事のご見識がこの程度のものでしかないことに呆れています。
 両院で多数を得なければ邪道政権だとのことですが、何とも乱暴な議論です。国会は国権の最高機関です。それは衆参の両院で構成されています。野党が参院で多数を握ったということは、野党が国民から国権の半分を付託されたということです。つまり野党も国政にたいして、それだけの責任を負っているのです。それが民主主義というものです。内閣は、国会が決めた法律にもとづいて執行する機関です。もし野党が震災復興や原発対策で菅政権がもたもたしているというなら、どしどし復興や原発事故対策に関連する法律を制定して、その執行を内閣に迫るべきでしょう。しかし、今の野党のやっていることは、それと正反対のことです。つまり参院での多数をよいことに、国会審議をサボタージュし、復興とは無関係の無駄話や追求で、菅内閣の足を引っ張っているだけではないでしょうか。
 両院で多数を持つ復興連立内閣をご待望のようですが、これほど危険なものはありません。というのは、今回の原発事故を招いた本当の当事者は電力資本と癒着してありもしない安全神話を振りまき、安全対策や、万一の大震災や大津波、あるいは原発事故への対策を怠ってきた、歴代の自民党政権にこそあるからです。だから彼らが政権に復帰すれば、今回の事故の原因究明はまったく不可能になってしまいます。そればかりかこれまでの原子力政策をさらに欺瞞的な装いのもとに、その継続を謀ろうとするでしょう。
 今、自民党が政権復帰を渇望するのは、膨大な復興利権にありつきたいと考えるからです。彼らがこれまで政権の座にあった時に何をしてきたのかを考えるべきです。やれ何々族とか称して、予算の執行権を笠に着て、さまざまな甘い汁を吸ってきたのです。彼らは、野党に転落して、予想される膨大な復興利権を前に、ただ涎を垂らして、悲哀をかこつしかない今の境遇に歯ぎしりしているのです。彼らが被災者のことなど眼中にないことは、この間の国会審議を振り返れば明らかです。ただ菅政権の細々とした“責任追求”に血道をあげるしかなかったのではないでしょうか。彼らは被災者のために何かしたのでしょうか。何もしません。ただ菅政権のあれこれをあげつらうだけしかしなかったのです。こんな連中に政権をまかせることが何を意味するかは明らかではないでしょうか。こんな連中に復興予算を食い物にされて、血税をむざむざドブに捨てるようなことは絶対にすべきではないのです。それは決して被災者のためにもならないでしょう。

小沢支持の皆さんは、小沢一郎が先頭に立って(総理になって)国を引っ張っていってほしい、と期待しているようですが、彼にはそのような気持ちは全くない、と思う。「菅総理の後継者は反小沢であった人でも良い」と言っているそうだが、それがが何よりの証拠です。彼が今思っていることは、被災者のことではなく、自分の復権だけではないか。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

※[投稿]ボタンをクリックしてから投稿が完了するまで数十秒かかる場合がございますので、2度押しせずに画面が切り替わるまでお待ちください。

Profile

日々起こる出来事に専門家や有識者がコメントを発信!新しいWebニュースの提案です。

BookMarks




『知らなきゃヤバイ!民主党─新経済戦略の光と影』
2009年11月、日刊工業新聞社

→ブック・こもんず←




当サイトに掲載されている写真・文章・画像の無断使用及び転載を禁じます。
Copyright (C) 2008 THE JOURNAL All Rights Reserved.