Calendar

2011年6月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

Recent Entries

« 原発は、もう終わった! ── その先へどう進むのかを考え始めよう(その1)
メイン
原発は、もう終わった!(その2)── 原発がないと停電だぞという恫喝に屈するな! »

6月22日は「100万人のキャンドルナイト」── 電気を消してスローな夜を!

takanoron.png 今年の夏至は6月22日(水)で、今年もまたこの日の夜8時から10時までの2時間、全国のみならず全世界で「電気を消してスローな夜を」味わう多彩なイベントが繰り広げられる。

★キャンドルナイト:http://www.candle-night.org/jp/

 2003年に辻信一=明治学院大学教授/なまけもの倶楽部代表や藤田和芳=大地を守る会代表らの呼びかけで始まったこのイベントも、9年目を迎えた。昨年は、日本全国で推定700〜1000万人が家庭や企業・団体単位で参加し、東京タワー、札幌時計台、姫路城など主だったライトアップ施設13万 8905カ所が消灯、この消灯分だけで1億8033万5644kWhの電力を削減した。また世界79カ国・地域で賛同NGOによる呼びかけがなされ、そのそれぞれで、ささやかかつ有意義な取り組みが行われた。

 私は始まって以来、呼びかけ人に名を連ね、31文字以内と指定されたメッセージとささやかなカンパを続けてきて、今年は「この取り組みは生き方の根本に関わる。そのことをフクシマが教えた」というメッセージを届けた。

 いやなに、参加は簡単。22日その時間帯、家に居るなら家族と一緒に、まだ事務所なら社員全員で、電灯も空調もテレビ・ラジオもCDプレーヤーもパソコンも、つまり電気的なものは全部消して、ロウソクを1本立てて、それで2時間を過ごしてどんな気分になるか、どういう会話が成り立つか、試して貰いたいということである。

 自分だけでやっても詰まらないという方は、各地で行われるイベントに参加してもいい。例えば東京では代々木公園で恒例の「ゲシフェス」が開かれ、ライブ演奏や辻、藤田両氏ほかのフォーラムが行われる。

★GeshiFes:http://geshifes.cultivaders.com/

 皆さんも是非キャンドルナイトにご参加下さい。▲

────────────────────────

■有料会員制度スタートのお知らせ

《THE JOURNAL》では10月に有料会員制度をスタートしました。本記事も、有料会員の皆様の支援によって制作されたものです。有料会員制度の詳細については下記URLをご参照下さいm(_ _)m
http://www.the-journal.jp/contents/info/2010/10/post_66.html

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.the-journal.jp/mt/mt-tb.cgi/8109

コメント (2)

■コメント投稿について編集部からのお願い

《THE JOURNAL》では、今後もこのコミュニティーを維持・発展させていくため、コメント投稿にルールを設けています。

一、コメント欄は匿名掲示板ではありません。投稿は本名(もしくはペンネーム)でお願いします。

一、コメント欄は投書欄ではありません。記事と関係のないコメントや長文(400字以上)のコメントは、内容に関係なく削除する場合があります。

一、コメント欄は噂話を書く場所ではありません。ネット上とはいえ、公的な場である以上、事実関係に誤りがあるコメントは公開できません。情報元のソースはできるだけ開示してください。

一、コメント欄はフラストレーションの発散場所ではありません。感情的な非難や誹謗中傷は受け付けません。なお、最低限のマナーが守られている投稿であれば、記事に批判的なコメントでも削除することはありません。


そのほか、詳細は下記リンクにも掲載していますので、投稿前にご確認ください。

http://www.the-journal.jp/contents/info/2009/07/post_31.html

ご理解・ご協力のほどよろしくお願いいたします。

今年もあっという間にやってきたのですね。

そして66年前、凄惨を極めた沖縄攻防戦での慰霊鎮魂も…

その際、占領された広大な美き地はまだまだ返還されず、新たに供出する目論みとの鬩ぎ合いが続いていますが…

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

※[投稿]ボタンをクリックしてから投稿が完了するまで数十秒かかる場合がございますので、2度押しせずに画面が切り替わるまでお待ちください。

Profile

日々起こる出来事に専門家や有識者がコメントを発信!新しいWebニュースの提案です。

BookMarks




『知らなきゃヤバイ!民主党─新経済戦略の光と影』
2009年11月、日刊工業新聞社

→ブック・こもんず←




当サイトに掲載されている写真・文章・画像の無断使用及び転載を禁じます。
Copyright (C) 2008 THE JOURNAL All Rights Reserved.