Calendar

2011年4月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Recent Entries

« 現実味を帯びる首都圏壊滅の危険(3)── もし浜岡原発が爆発したら?
メイン
《第9回(前半)》陸山会事件公判傍聴記 ── 石川議員が受け取った1500万円はワイロではありません! »

ホリエモン緊急記者会見 ── 若者は中国へ行け!

newsspiral110428.jpg

 証券取引法違反の罪に問われていた堀江貴文元ライブドア社長は26日、懲役2年6ヶ月の実刑が確定した。同日に都内の国際文化会館で緊急記者会見(主催:自由報道協会)を行った堀江氏は、上告趣意書を最高裁が「上告理由に当たらない」として退けたことに対し、異議申し立てをすると語った。なお、これまでの粉飾決算事件では企業が経営破綻してから捜査されていたが、この事件では経営破綻していない会社が強制捜査されたという点で、異例の事件だった。

 堀江氏は会見で、「検察の無謬性ということは信じないで、三権分立という仕組みから分離している警察の怖さを知ってほしい。メディアに関して言えばもっと多角的な角度からものごとを報道してほしい。証券取引法違反ということで証券取引等監視委員会が日興やビックカメラなど十数件は行政処分、課徴金処分で済んでいる。今回、不公平であるが、世の中は不公平で満ち足りているので、それを受け入れるしかない。ただライブドアの株主の方々には謝罪したい。またあまりにも実行できる環境であったがために、まわりへの説明を怠る部分があったことに関して責任がある。事件が経済に与えた影響を今更言っても仕方ないが、その後M&Aが減り、個人投資家も下火になったことは現在に繋がっている」と淡々と答え、改めて検察の捜査とメディアを批判した。

 また、「起業を目指す若者が今回の事件で萎縮してしまっている、その若者達に今メッセージを送るとしたらどのようなことか」という筆者の質問に対して堀江氏は、「若者は中国にいった方がいい。中国人に会うと全然エネルギーが違うので楽しいし、みんな前を向いている。言論の統制はあるが、商業に関しては自由でつぶしにかかるなどということはない。日本は閉塞している。このまま日本にいるとだめな気がする、若者はぜひ海外へ」と語った。

 収監後の生活については「獄中では読みたい本がたくさんあるので、勉強し、出所後みなさんのお役に立てるようにしたい。メールマガジンも続けていく」と発言した。

(大学生記者:湯浅 拓)


【関連記事】
■堀江貴文被告緊急記者会見全文(ニコニコニュース)

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.the-journal.jp/mt/mt-tb.cgi/8018

コメント (6)

■コメント投稿について編集部からのお願い

《THE JOURNAL》では、今後もこのコミュニティーを維持・発展させていくため、コメント投稿にルールを設けています。投稿される方は、投稿前に下記のリンクの内容をご確認ください。

http://www.the-journal.jp/contents/info/2009/07/post_31.html

ご理解・ご協力のほどよろしくお願いいたします。

ホリエモンは、間違いなく新しい時代の幕開けを告げる風雲児であった。

新しい時代の社会を創造しようとする、新しいスタイルを持った、新鮮な感覚は、バブルにはじけ、閉塞感漂う日本にあって、希望の星であった。

巨大マスコミを相手に一歩も引かない相場での戦いは、見ていて、爽快感を覚えたものです。

国民の圧倒的支持を得たホリエモンが、総選挙に立候補し、亀井氏との壮絶な戦いは、今尚覚えています。あの亀井氏の雨の降りしきる中、涙の訴えは、闘いの凄まじさを物語っていました。

ホリエモンの登場がなければ、郵政改革の小泉氏が圧倒的に勝てたかどうか分かりません。流れを一気に自民党に引き寄せたことは間違いのない事実です。

経済問題として、ホリエモンの犯した犯罪は、世間一般的にいえばたいしたことではありません。また、ライブドアが社会的に、特に株主に損害を与えたという事実はなく、粉飾によって実刑を伴った判決が下されたのは、社会的見せしめに類するものとしかいえません。

我々高齢旧守派,既存権力の凄まじい力に、若い人たちの新しいもののかんがえ方が全面否定されたことに他なりません。こんなことにめげることなく新しい考え方を持った若者がどんどん出てきてほしいものです。

最近口ばかり達者で何も出来ない老人がのさばりすぎていると、大いに反省しています。若者を大切にしない社会に明日はないとも考えています。若い人たちの頑張りに期待したい。

優秀な起業家を寄って集って潰してしまう。こんな国が有るでしょうか。堀江氏が言うように、若者は日本社会の呪縛から逃れないと国とともに滅ぶんでしょうね。孫さんが反乱を起こしてくれました。この心意気に今の若者が何も感じなければ日本は終わりです。実際に中国人やインド人を相手に商売をしてみれば判ります。東京の人が大阪人に歯が立たない以上に、彼らと対等に渡り合える日本人はいません。何時からこんなにひ弱な国民になってしまったのでしょう。世界と戦った「団塊の世代」は自分達が育て間違った若者の代わりに、もう一度最前線に出て戦わなければ日本は終わりです。

粉飾決算容疑で破綻していない会社を強制捜査という行為をした検察、その結果、株主に損害を与えることになった事件でった。証券取引法違反だけで、実刑にするというのは、怖い日本だと思う。それにくらべて、前田検事の1年6ヶ月は余りにも軽すぎる。先進国ではそういう検事が関った事件はすべて、破棄されてしまう。そういうけじめがなければ、冤罪はとまらない。権力の都合で人を罪に陥れることはいとも簡単にできてしまう。人権を大切にしない日本いつまで続くのだろうか。

>とらねこさんへ

日本をダメにした団塊の世代は自分達のやってきたことを全面的に否定し反省し二度と最前線に出てこないようにしてもらわなければ日本は終わりです。

団塊の世代以上の方々にぜひやってもらいたいことがあります!

「福島原発 暴発阻止行動 プロジェクト」
http://park10.wakwak.com/~bouhatsusoshi/

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

※[投稿]ボタンをクリックしてから投稿が完了するまで数十秒かかる場合がございますので、2度押しせずに画面が切り替わるまでお待ちください。

Profile

日々起こる出来事に専門家や有識者がコメントを発信!新しいWebニュースの提案です。

BookMarks




『知らなきゃヤバイ!民主党─新経済戦略の光と影』
2009年11月、日刊工業新聞社

→ブック・こもんず←




当サイトに掲載されている写真・文章・画像の無断使用及び転載を禁じます。
Copyright (C) 2008 THE JOURNAL All Rights Reserved.