Calendar

2009年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

Recent Comments

« 文化として「インスタントラーメン」
メイン
選挙カーの安いつくり方があるんです »

何であんなに早く当選か落選がわかるの?

0807.jpg
選挙開票速報の不思議!?

30日の衆議院の解散総選挙。
いろんな意味で注目度の高い今回の選挙では、当然各メディアの報道合戦も今までに増して加熱することが予想されます。
それにしても、あの選挙開票速報の結果って、見るたびにびっくりするぐらい速くなってる気がするがしませんか?
開票率1%だけど、すでに名前の横には紙の花。
それはほこらしい当選確実の証ですがでもどうして?何故たった1%で当選かどうかを判断できるのでしょうか。

実際のところ、開票と出口調査の結果が5%も集まれば、選挙の結果はかなりの高い精度で予測できてしまうらしいです。
数学的にみても、全体の中の5%って、かなり信頼の置ける間違いのない指針としての数字ということなんだそう。

ちなみに、100%誤報がない、というわけではありません。
当確だと伝えていた候補とは別の人が当選した例はこれまでにもあります。
数値からの予測も完璧じゃないってことですね。一般的に、このような誤報(?)があると番組の責任者は更迭されちゃうこともあるようです。
また、NHKの選挙速報システムを担当している会社は、選挙の直前1週間は、誤作動がないかどうかのチェックにほぼ一睡もできない状況に追い込まれるとも聞きます。
いやぁ、選挙って大変。

選挙の行方に一喜一憂するのは候補者だけじゃなく、それを伝える人や、投票した人などみんななんですね。30日、Xデーです。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.the-journal.jp/mt/mt-tb.cgi/5169

コメントを投稿

※[投稿]ボタンをクリックしてから投稿が完了するまで数十秒かかる場合がございますので、2度押しせずに画面が切り替わるまでお待ちください。

Profile

Inside & Insight

BookMarks

→ブック・こもんず←



当サイトに掲載されている写真・文章・画像の無断使用及び転載を禁じます。
Copyright (C) 2008 THE JOURNAL All Rights Reserved.